ビジネスの現場でも通用する英語を身につけましょう。

ライティングやスピーキング ビジネス英語
ライティングやスピーキング

ビジネス英語と言えば、何と言っても「使える事」が重要です。最近では仕事で英語が必要な会社も増えているため、TOEICの試験内容も、より実用的なビジネス英語に特化しています。アウトプット※のトレーニングをしっかりとして、ビジネスの現場でも通用する英語を身につけましょう。

ビジネス英語で、身につけよう。ライティングやスピーキング
ライティングやスピーキング

実践とアウトプットの重要さ

英語でやりとりできるようになるには、まずは実践の場がどういうものかを理解する事が大切です。机に向かっての勉強もとても大切なのですが、それだけだと、どうしてもインプットが重視になってしまい、アウトプットのトレーニングが疎かになってしまいがち。

しかし、実際のビジネス現場ではアウトプットできなければ仕事にならないのが事実です。まずは、英語を話す機会を積極的に作って、アウトプットのトレーニングを習慣にする事が大切です。

アウトプットできるようになると、リスニング力もついてくる

リスニング力がなかなか伸びずに悩んでいる人も多いかと思いますが、アウトプットを意識してトレーニングすると、リスニング力も伸びて行きます。

その理由は、アウトプット出来るということは、知っている単語・文法・フレーズの量が多いという事。従って、リスニングですべて聞き取れなくても、その部分を自分のストックされた知識で補うことが出来るので、実践会話でもつまづく事が少なくなります。

※「アウトプット」とは、ライティングやスピーキングなど、自ら持っている知識やスキルを使って発信するトレーニングのことを指します。逆に「インプット」とは、単語や文法の記憶やリーディング、リスニングなど英語による情報を頭に入れるトレーニングのことを指します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました