TOEICで、600~700点を余裕で取れる「単語」習得方法

TOEICで高得点の第一歩が「単語の習得」です。そうです!”単語力”が重要になります。
試験の問題形式はリーディング+リスニングという構成になっていますが、その両方に大きく関わっているのが”単語力”。こちらはなんといっても数が重要なポイントとなってくるので、効率のよさと、最短時間で暗記できる方法をみつける事が大切です。

TOEICで高得点の第一歩が「単語の習得」です。
TOEIC -単語の習得

単語をマスターする事が、読むスピードUPにつながりますが、TOEICで点数を伸ばしたいなら、試験に出てくる単語を集中して覚えることです。傾向としてはビジネスに関する単語が多いのでそこにフォーカスして単語力を上げて行く事が大切です。

むしろ、中学レベルの文法がマスターできていれば、それ以外は何もしなくてもいいかもしれません。ひたすら語彙を増やす事に集中するのがいいでしょう。語彙が足りないうちに長文に取りかかると分からない単語が多すぎて、その度に調べて意味を確認して・・・となってしまうので時間の無駄が多くなります。

しかし、残念ながら単語帳などで語彙を増やそうとしても、骨折り損の…になりかねません。
中学生頃の記憶力は期待できませんし、覚えられずに諦めてしまう方が大半です。やはり、効率アップを考えた学習法を取り入れた方がよさそうです。単語の学習には、文章や文脈の中で覚えていくのが最も効果的です。

英単語を効率よく覚えるコツ

英単語を覚える方法は反復すること。英語を話すことが出来る様になるためには、まずその基礎となる英単語を覚える必要があります。単語を覚える上で重要なのは、反復してその単語に触れるということです。いくら覚えたと思ったとしても、学習してから日数が経過すると忘れてしまいます。継続して学習することが大切です。

  • 英単語 学習の秘訣?!

留学枠の獲得や就活など、日本で自分の英語力を認めてもらうのに、もはやTOEICは欠かせません。このTOEICで手っ取り早く点数を上げるには、まずは単語力を磨くのが一番早いと思われます。リスニング力や読解力と言ったものは、その後自然とついてくるので、まずはTOEICで通用する英単語の効果的な暗記の方法をご紹介します。また、英単語を短時間で効率的に勉強できる教材も紹介していますので、今からTOEICの勉強を始める方は参考にされてください。

それぞれの英単語にイメージをつと理解力が格段に上がる
始めに例文を読んでみてください。
I’ve got a ticket.
みなさんお分かりの通り、チケットを1枚ゲットした(入手した)という意味ですね。

ではこちらはどうでしょうか?
I’ve got a voucher

英語上級者の方はもちろん意味がすぐに分かると思います。しかし、こんなに単純な文法でも”voucher”という1単語が分からないだけで、何が何なのか分からなくなってしまいますね。
ticketというのはカタカナ英語でも使われているので、聞けばすぐにイメージが湧きます。
例えば、映画のチケット、コンサートのチケット、某テーマパークの入場券なんかが自然と頭に浮かんでくるでしょう。

この広がってくるイメージというのが”voucher”という単語にはないため「ヴぁうちゃー・・・?なんだろう・・・」となってしまうのです。これは知らない英単語すべてに共通して言える事です。

答えを言ってしまうとvoucherは引換券という意味。この単語の効率的な覚え方の例としては、たとえばカタカナ英語で使われていて似たようなイメージを連想しやすいクーポン(coupon)やトークン(token)などどの単語。これらの類義語を一緒のグループにして覚えてしまいましょう。

ここですでにぼんやりとしたイメージができあがりますが、イメージが具体的であればあるほどいいので、単語を見たときに、マックの無料コーヒー引換券や、パーティーなどでもらえるドリンク引換券など、自分の過去の経験から思い出してみてそれを”voucher”という単語に結びつけましょう。上のようなアイディアを単語帳の隅に書くようにするといいでしょう。

単語帳を読むときには、このようなイメージを持って、繰り返すたびにそのイメージをもっと膨らませて、さらにもっとクリアに塗り重ねていくように取り組むのがポイントです。何のイメージもなく、ただただ唱えるように単語を繰り返していては、単語テストなどではある程度通用するかもしれませんが、リスニングや日常会話など、スピードが問われる場面では取り残されてしまうでしょう。

Appleという単語を聞いたら真っ先に真っ赤なリンゴ(もしかしたらiPhoneの方もいるかもしれませんが)が思い浮かびますよね。どの単語もApple=りんご!くらい強く揺るぎないイメージにする事を目標にしてみてください。

TOEIC英単語 英単語を長期記憶できる単語帳の使い方

英単語を記憶する「単語帳」

単語帳を何周もしたのに、いざテストや実践となると抜けてしまって、全く思い出せないという経験はありませんか?
原因は単語帳の使い方にあるかもしれません。
今回は、英単語を頭の中に長期保存出来る単語帳の使い方のコツをご紹介します。
今までの単語帳の使い方と比べてみましょう。

  • 英単語を長期記憶できる単語帳の使い方

単語帳はゆっくり読みましょう。
反復する回数が大切と思われがちな英単語学習ですが、英語学習の初心者の中には、回数を重視するあまりに言葉のイメージ作りができていない人が多いです。その結果、明日のテストでは使えるけれど、しばらくしたら忘れてしまいます。

単語帳をまわしているだけでは、あまり意味がありません。

目安としては、最初の1周目は1単語に最低でも3分は掛けましょう。そうすると、1ページ終わるのに20分くらいかかります。段々ペースを上げて行って厚さ2センチくらいの単語帳なら、まずは1ヶ月に3周を目標にしましょう。

  • 長期的に記憶できる単語帳の使い方

・単語の横に人の名前を書く
単語のイメージ作りに一役買ってくれるのが、単語の隣に”人の名前を書く”という方法です。
家族、友人、漫画のキャラクターなど、なんでも構いません。その単語を見てイメージする人の名前を書きましょう。

例えばmenace(脅威、脅かす人)、の横には、昔とっても厳しくて、毎回ビクビクと恐れていたピアノの先生の名前や、平和を脅かすという意味で”テロリスト”などと書いておきましょう。

・自分で例文を作る
実際に自分でその単語を使いこなせるようになる為に、自分で例文を作るというのも効果的です。
単語帳の隙間に、自分のオリジナル例文を書き込みましょう。

例えばcurb(抑制する)という単語を覚えるとき、自分が抑制しなければならないものを考えて例文にするとすんなり覚える事ができます。
ダイエット中の人だったら、I should curb my desires(食欲を抑制しなければいけない)など、
自分と単語を結びつけるようにする事がポイントです。

英単語・長期記憶術まとめ

このようにして単語帳を使っていると、やはり1ページに20分くらい掛かってしまいます。しかし、それも最初の1周目だけで、2周目、3周目とどんどんペースが上がって行くので心配せずに、始めはゆっくり単語帳に向き合うのが長期的に記憶できるコツです。

英単語を覚えるのは、時間との戦いも大きいので、結果を出すためにはガリガリと暗記するのではなく、聞いてから意味が分かるまでの時間をいかに短くするかというところに焦点をあてるのが必要になってきます。

最後に、これから単語帳を買う人は、類義語・例文・CDが付属しているものを選びましょう。
そうすれば、色んな角度から単語のイメージを強めることができますよ。なかなか単語が覚えられなかった人は今日から単語帳との向き合い方を改善してみてください。

単語帳の使い方を見直して語彙力を上げ、TOEICで、600~700点を余裕で取れるようにしましょう。

TOEICを2022年4月から挑戦を始める方へ。スタートでは、450点を目指してみましょう。また、記憶力の低下で困っている方、英語を何度も忘れずに覚えたい方に、はじめてのTOEICという貴方へはこの教材をオススメ致します。→【1日15分】でる単TOEIC(R)テスト これだけ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました