英語-発音

日本人が英語を学ぶ際に一番苦労するのは、発音です。日本語ではしない発音を必要とすることがありますので、習得することがなかなか大変だという人が多いようです。英語力は1日や2日で習得できるものではありませんので、継続して学習できる方法を選択することが大切です。自分の日常生活や経済的に無理のないように計画を立てて実行することがポイントとなります。

ABC発音
ABC発音

英語-発音 絶対伸びる英語の発音上達のコツ

英語の発音は日本人が英語学習の上で苦しむポイントの1つです。その理由はとてもシンプルで、
日本語の発音と英語の発音があまりに似ていないからです。その為私たちは英語の音を作り出すための筋肉が発達していません。しかしこれをしっかりと作りながら、ポイントを押さえて発音練習を行えばびっくりするくらい英語の発音が上達します。

文字に囚われない 大切なのはアクセント

英語のスペルは実際の発音と全く違う事も結構ありますし、カタカナ英語はほとんどアクセントを無視した形になっているので、そのまま読んでもおそらく伝わりませんから、文字を読むクセをやめてアクセントを意識した音をそのまま暗記するのが発音の上達の近道と言えます。英単語を見たとき「なんて読むんだろう?」と考えずに、音をチェックするというクセを付けましょう。

発音に自信をつけてスピーキング力を磨きたい!

大学受験やTOEICなどで、スピーキング力が問われることがないので、どうしても発音練習はおろそかになってしまいがちです。しかし、実際に英語を使う場面では、発音はとても重要です。

正しい文法と単語を使って文を組み立てているのに、発音が悪いというだけで、相手に自分の意図が伝わないのはとてももったいない事だとは思いませんか?また、発音に自信がないと発言に消極的になってしまい、ネイティブとの会話ではいつも聞き役になってしまいます。

英語の発音ABCDEF
発音ABCDEF

リスニング力と発音力は繋がっている!

不思議な事ですが、リスニング力が上がると、それに伴って発音も良くなっていきます。英語の発音練習を毎日のようにやっているのに効果が現れない人は、リスニングの練習に切り替えましょう。

その際に、聞き取れた音をそのまま発音してみてください。この時、意味を理解している必要はありません。言葉を覚え始めの、赤ちゃんをイメージしてみてください。お母さんが言った事を、そのまま真似して繰り返します。その時に、赤ちゃんはきっと何も考えていません。そのように、日本語フィルターを取り払って純粋に音を聞くようにしましょう。

自分で自分の発音をジャッジしないこと

自分の発音がいいのかどうか、自分で正しくジャッジする事はできません。自分の発音が通じる物なのかどうか判断するには、ネイティブと会話してみるというのが一番手っ取り早いです。

英会話レッスンに通っている人は、先生に積極的に話しかけて自分の英語が通じているのか、相手の反応で判断しましょう。相手が理解出来れば、アナタの発音は合格ということです。

自分の英語の発音が正しいのか?チェックする方法

相手に自分の言っている事を伝える為には、発音が良いに越した事はありません。今よりもっと発音を磨きたいという人は、アナタの中にある日本語フィルターを取り払って、ネイティブの発音に近づけます。

また、身近に英語を話す友人がいない人、英会話教室に通う時間が取れない人にも嬉しい、自分の発音をチェックできる機能が搭載されたトレーニングが自宅で簡単に出来る教材を利用しましょう。

あなたの英語の発音をチェック!できる英語発音の矯正ソフトが発売になりました。
このソフト「UDA式発音PRO」では、あなたの英語の発音が、視覚化されますので、正しい発音と自分の発音を比較することができます。

自分の発音は、自分ではよく聞き取れませんので、はっきり違いがわかる発音を波形に変換するのです。これにより、発音の波形を比較しながら練習できるので、効率よく学習をすすめることができます。さらに、発音を5段階評価することにより、楽しくすすめる事もできます。

なぜ?この教材をおすすめするのか?
それは、英会話の一歩は発音からと言われるほど、日本人が英語を学ぶ際に一番苦労するのは、
発音であり、「UDA式発音PRO」を利用すれば、効率よく学習することができるからです。

余談ですが、アメリカ人にとっても日本語を発音するのは難しいです。それはアルファベットと日本語の五十音の音が全然違うからです。ですから、日本人が発音を楽にするためにはアルファベットの正しい音を作り出す口の形や舌の位置を学ぶ必要があります。こればっかりは自己流でやっても仕方がないので、この教材を利用して学習する事をおすすめしています。

「UDA式発音PRO」なら、1レッスン20分だから、無理なく続けられます。自分の日常生活や経済的に無理のないように計画を立てて実行することがポイントとなりますので、「1レッスン20分」というのは、重要であり、魅力的な教材と言えます。

英語の発音が上手く出来ずストレスを感じている人もたくさんいると思います。そういう人は、がむしゃらに練習するのをやめて、まず「UDA式発音PRO」で、チェックする事から始めましょう。
ターゲット音を集中トレーニングしてカタカナ発音から抜け出すことにしましょう。見る、覚える、発音するの 3 Step で、確実に正しい発音が身につきます。

公式サイト→http://www.uda30.com/

公式サイトでは、簡単なテストで、あなたの「カタカナ英語」汚染度のテストが無料で受ける事ができます。また、アプリは、\1,200~と大変お得に提供されています。

By moonstar

北九州市生まれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。