英文法の学習

英文法 英語学習

英文法のスキルを高めることの重要性

英文法
英文法

高校入試や大学入試では、英文法の問題で得点を稼ぐことができます。また長文読解問題であっても、英文法の知識を持っていることで、英文の内容を的確に把握できるのです。したがってどのような出題形式の問題であっても、英語の文法力をしっかりとつけることで、志望校への合格を実現できるのです。

特に高校生向けの受験英語では、中学校2年生や3年生で学んだ内容が重要になります。そこで受動態や現在完了や関係代名詞にターゲットを絞って勉強するのが効果的です。特に文法力を活用した書き換え問題や英作文の問題の練習を繰り返すことで、高校入試でも点数をアップさせることができるのです。

また大学受験の場合には、中学校で学んだことをベースにしながら、過去完了や関係副詞や仮定法などもしっかりと学習するのがポイントです。特に国公立の二次試験の場合には、英語でも記述式問題が数多く出題されます。したがって文法力を活用して、英語で論理的に説明できるスキルも必要になるのです。

英文法 過去形と現在完了形の違い

英文法は特に長文読解などでは必須でTOEICで点数を伸ばしたいならば残念ながら避けては通れません。しかし、TOEICで出題される英文法は実はとてもシンプルで、中学レベルの文法を理解していればOKなのです。

とはいっても日本語の文法と英語の文法は全然違うので中学レベルの文法でも頭を悩ませてしまう事も多いと思います。今回は日本人がつまづきやすい英語の現在完了と過去形の違いについてちょっとしたコツを紹介します。これはTOEICでもよく出題されるのでクリアにしておきましょう。

過去形と現在完了形 違いを理解するコツ

現在完了形と過去形の違いがイマイチ分からない人は、とても簡単なのでこの方法を使って違いをクリアにしていきましょう。

例えば、
Have you ever been to the restaurant opened last Sunday? (現在完了形)
Did you go to the restaurant opened last Sunday?(過去形)

この2つの文章は一見同じ意味のように思えますが、少しニュアンスが違います。

日本語に訳すと、
先週の日曜日にオープンしたレストランに行った事がある?(現在完了形)
先週の日曜日にオープンしたレストランに行った?(過去形)

このようなわずかな差なので、イマイチ違いが分からないかもしれません。しかしこの文に特定の過去を表す”昨日(yesterday)という単語を付け足してみると違いが歴然としてきます。
昨日先週の日曜日にオープンしたレストランに行った事があるの?
昨日先週の日曜日にオープンしたレストランに行ったの?

このように、現在完了形に”昨日”という言葉をつけるとなんだか不自然になってしまいますね。英語でも同じです。現在完了形の文章にyesterday,lastweek,~agoなど特定の過去を表す言葉は絶対に使われません。過去形と現在完了形の違いは、昨日、先週などの単語を付け足してみて、不自然じゃないかで違いを理解することができるのです。

英会話に必要な部分の英文法だけを効率的に学びましょう!

英文法の誤解の中に、英会話を取得するのに、英文法をしっかり学習することは、無駄になるのでは?と考える事です。ここで、全てを述べることはできませんが、英文法を完全マスターを目指す必要もありません。でも、英会話での使い方を知っていなければ、役には立たないものです。

英文法 英文は形でとらえよう!

TOEIC – 英文ぽの知識

長文読解や穴埋め問題には、英文法の知識が必要になってきます。日常会話では少し文法がおかしかったとしても、相手の想像力によって会話が成り立ちますが、TOEICなどの試験の場合は間違えてしまえば即減点です。よって、TOEICで600~700点をとるには、英文法の知識が大きく関わってきます。

英語の長文を読む際に、どこから始めていいのか分からない、何回読んでも日本語でどういう意味になるのか分からないという人は、まだ英語の文章の構造を理解できていないのかもしれません。

日本語と英語の文章の構造は全く違うので、仕方ない事なのですが、知っている英語の文法が増えると、段々と英文がパズルのピースのように見えてきます。長文でよくつまづいてしまう人は、文章を細かくパーツ分けして読む習慣をつけましょう。

英文を読む習慣をつけよう

英文が形に見えてくるようになるには、色々なコツがありますが、何と言っても大切なのは
”慣れる事”です。毎日英文を読む習慣をつける事で、最初は何度も読み返して意味を確認しながら読んでいたのが、1つの文をどこで区切って捉えればいいのかが分かるようになり、そしてその1ブロックを塊として意味を捉えられるようになるので読解のスピードがどんどん上がって行きます。まずは、短い文章や英語のブログなどを毎日読む習慣をつけましょう。

英文法学習方法まとめ

英語を形として捉えられるようになるには、文法を理解しつつ、とにかくたくさんの英文に触れて、自分の中にパターンのストックを作る事です。
おすすめ教材:
英会話のための英文法 G4C このコースは、週に6回毎日メールで英文法を学ぶ事ができ、次第に英文が形として見えてきます。受講し終えた時にはTOEICに必要な基本の文法が一通りマスターできるようになっています。そして、いつでもメールで質問ができるので、しっかり納得しながら文法を学ぶことができます。

タイトルとURLをコピーしました