PR

初心者向け交渉英語フレーズ | ビジネス交渉で使える必須表現

近代的なオフィスで「Good morning」と挨拶する日本人社員。大きな窓から差し込む日差しが明るく歓迎的な雰囲気を作り出しています。 ビジネス交渉・コミュニケーション
この記事は約13分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

序章: ビジネス交渉における英語の重要性

ビジネスの場面で、英語は国際的なコミュニケーションツールとして非常に重要です。特に交渉の場面では、効果的な英語のフレーズを使うことで、相手との信頼関係を築き、成功に導くことができます。英語が苦手なビジネスマンでも、基本的なフレーズを覚えることで自信を持って交渉に臨むことができます。

この記事の目的は、ビジネス交渉において初心者でも使いやすい英語フレーズを紹介し、その使用例をわかりやすく解説することです。これにより、読者が実際のビジネスシーンで効果的に英語を使えるようになることを目指します。

第1章: 基本的な交渉英語フレーズ

挨拶とアイスブレイク

交渉の最初のステップは、相手との関係を築くための挨拶とアイスブレイク※です。以下のフレーズを使って、会話を自然に始めましょう。※「場を和ませるための挨拶と会話のきっかけ」

  • “Good morning/afternoon.” – 日本語訳: おはようございます/こんにちは。
    使用例: 会議の冒頭や最初の挨拶の際に使います。
  • “How are you today?” – 日本語訳: 今日はどのようにお過ごしですか?
    使用例: 簡単な会話のきっかけとして、相手の調子を尋ねるときに使います。
  • “It’s a pleasure to meet you.” – 日本語訳: お会いできて光栄です。
    使用例: 初対面の相手に対して使うことで、良い印象を与えます。

自己紹介

自己紹介は、相手に自分の立場や役割を理解してもらうための重要なステップです。以下のフレーズを使って、自己紹介を効果的に行いましょう。

  • “My name is [Your Name]. I am the [Your Position] at [Your Company].” – 日本語訳: 私の名前は[あなたの名前]です。私は[あなたの会社]で[あなたの役職]を務めています。
    使用例: 初めてのミーティングやビジネス交渉の冒頭で自己紹介をする際に使います。
  • “I handle the [Your Department] at [Your Company].” – 日本語訳: 私は[あなたの部署]の担当をしています。
    使用例: 自分の担当業務や部署を説明するときに使います。

第2章: 交渉の開始

提案を始める

会議室で交渉を開始するシーン。スーツを着たビジネスマンやビジネスウーマンがテーブルを囲み、提案書を広げて話し合っている様子。

交渉を開始する際には、提案や意見を明確に述べることが重要です。以下のフレーズを使って、自分の提案を相手に伝えましょう。

  • “We would like to propose…” – 日本語訳: 私たちは…を提案したいと思います。
    使用例: 新しいアイデアや解決策を提案する際に使います。
    例文: “We would like to propose a new partnership agreement.”(新しいパートナーシップ契約を提案したいと思います。)
  • “Our suggestion is…” – 日本語訳: 私たちの提案は…です。
    使用例: 提案内容を簡潔に伝える際に使います。
    例文: “Our suggestion is to extend the deadline by two weeks.”(私たちの提案は締め切りを2週間延長することです。)
  • “We believe that…” – 日本語訳: 私たちは…と考えています。
    使用例: 自分たちの意見や見解を述べる際に使います。
    例文: “We believe that this approach will benefit both parties.”(このアプローチが双方に利益をもたらすと考えています。)

目的の説明

交渉の目的を明確に伝えることで、相手に対する理解を深めることができます。以下のフレーズを使って、交渉の目的を説明しましょう。

  • “The purpose of this meeting is to…” – 日本語訳: この会議の目的は…です。
    使用例: 会議の冒頭で目的を説明する際に使います。
    例文: “The purpose of this meeting is to discuss the new project proposal.”(この会議の目的は新しいプロジェクト提案について話し合うことです。)
  • “Our main goal is to…” – 日本語訳: 私たちの主な目標は…です。
    使用例: 交渉の目標を明確にする際に使います。
    例文: “Our main goal is to reach an agreement on the budget allocation.”(私たちの主な目標は予算配分について合意に達することです。)

第3章: 提案と合意

賛同を得る

会議室で日本人女性が提案書を見ながら話し合っているシーン。彼女が提案書を指さしながら、他の人に意見を求めている様子。

相手の賛同を得るためのフレーズを使うことで、交渉を前進させることができます。以下のフレーズを使って、相手が提案に同意しているかどうかを確認しましょう。

  • “Do you agree with this?” – 日本語訳: これに同意しますか?
    使用例: 提案に対する相手の意見を確認する際に使います。
    例文: “Do you agree with this plan?”(この計画に同意しますか?)
  • “How does that sound to you?” – 日本語訳: それについてどう思いますか?
    使用例: 提案について相手の意見を聞く際に使います。
    例文: “We can offer a 10% discount on bulk orders. How does that sound to you?”(大量注文に対して10%の割引を提供できます。それについてどう思いますか?)
  • “Is this acceptable?” – 日本語訳: これは受け入れられますか?
    使用例: 提案が相手にとって受け入れられるかどうかを確認する際に使います。
    例文: “Is this timeline acceptable for your team?”(このスケジュールはあなたのチームにとって受け入れられますか?)

譲歩と妥協

交渉の過程で、譲歩や妥協が必要になることがあります。以下のフレーズを使って、柔軟に対応しましょう。

  • “We are willing to consider…” – 日本語訳: 私たちは…を検討する用意があります。
    使用例: 相手に対して譲歩の意志を示す際に使います。
    例文: “We are willing to consider a longer payment term if it helps.”(それが役立つなら、より長い支払い期間を検討する用意があります。)
  • “Can we reach a middle ground on this?” – 日本語訳: これについて妥協点に達することができますか?
    使用例: 相手と妥協点を見つける際に使います。
    例文: “Can we reach a middle ground on the delivery schedule?”(納期について妥協点に達することができますか?)
  • “We can offer this if you can…” – 日本語訳: あなたが…していただけるなら、私たちはこれを提供できます。
    使用例: 相手に対して条件付きの提案を行う際に使います。
    例文: “We can offer an extended warranty if you can increase your order quantity.”(注文数量を増やしていただけるなら、延長保証を提供できます。)

第4章: 反論と対策

反論に対する対応

会議室で日本人女性が提案書を見ながら話し合っているシーン。彼女が提案書を指さしながら、他の人に意見を求めている様子。テキストオーバーレイ:「I understand your opinion, but we need to consider our budget constraints.」

反論に対しても冷静に対応することが重要です。以下のフレーズを使って、建設的な対話を続けましょう。

  • “I understand your point, but…” – 日本語訳: あなたの意見は理解できますが、しかし…
    使用例: 相手の意見を尊重しつつ、自分の意見を述べる際に使います。
    例文: “I understand your opinion, but we need to consider our budget constraints.(あなたの意見は理解できますが、私たちの予算の制約を考慮する必要があります。)
  • “That’s a valid concern. However…” – 日本語訳: それはもっともな懸念です。しかし…
    使用例: 相手の懸念を認めながら、自分の提案を続ける際に使います。
    例文: “That’s a valid concern. However, we believe this solution will mitigate the risks.”(それはもっともな懸念です。しかし、この解決策がリスクを軽減すると信じています。)
  • “Can we find another solution?” – 日本語訳: 他の解決策を見つけることができますか?
    使用例: 現在の提案に対して異議がある場合に、代替案を提案する際に使います。
    例文: “If this approach is not feasible, can we find another solution?”(このアプローチが実行不可能であれば、他の解決策を見つけることができますか?)

問題解決

問題解決に向けたフレーズです。双方が満足する解決策を見つけることを目指します。

  • “How can we address this issue?” – 日本語訳: この問題にどう対処すればよいでしょうか?
    使用例: 問題解決のための対話を始める際に使います。
    例文: “How can we address this issue to ensure timely delivery?”(納期を守るために、この問題にどう対処すればよいでしょうか?)
  • “Let’s find a way to make this work.” – 日本語訳: これをうまく進める方法を見つけましょう。
    使用例: 双方が協力して解決策を見つける意思を示す際に使います。
    例文: “Let’s find a way to make this work within our budget.”(予算内でこれをうまく進める方法を見つけましょう。)
  • “What can we do to resolve this?” – 日本語訳: これを解決するために何ができるでしょうか?
    使用例: 解決策を探るために相手の意見を求める際に使います。
    例文: “What can we do to resolve this and keep the project on track?”(これを解決し、プロジェクトを予定通り進めるために何ができるでしょうか?)

第5章: 交渉の締めくくり

合意の確認

会議室で日本人ビジネスマンたちが微笑みながら握手をして合意を示している様子。テキストオーバーレイ:「So, we have agreed on the new delivery schedule.」

交渉の最終段階では、合意内容を明確に確認することが重要です。以下のフレーズを使って、相手と合意した内容を確認しましょう。

  • “So, we have agreed on…” – 日本語訳: それでは、私たちは…に合意しました。
    使用例: 最終的な合意内容を確認する際に使います。
    例文: “So, we have agreed on the new delivery schedule.”(それでは、新しい納期に合意しました。)
  • “Just to confirm, we will…” – 日本語訳: 確認のために申し上げますが、私たちは…を行います。
    使用例: 合意内容を再確認する際に使います。
    例文: “Just to confirm, we will send the final contract by Friday.”(確認のために申し上げますが、最終契約書は金曜日までに送ります。)
  • “Let’s summarize what we have discussed.” – 日本語訳: 話し合った内容をまとめましょう。
    使用例: 会議や交渉の内容を振り返り、重要なポイントを確認する際に使います。
    例文: “Let’s summarize what we have discussed and agreed upon today.”(今日話し合い、合意した内容をまとめましょう。)

次のステップ

次回のアクションを明確にして、交渉を円滑に進めましょう。以下のフレーズを使って、次のステップを設定します。

  • “What are the next steps?” – 日本語訳: 次のステップは何ですか?
    使用例: 次のアクションを確認し、計画を立てる際に使います。
    例文: “What are the next steps for implementing this agreement?”(この合意を実行するための次のステップは何ですか?)
  • “We will follow up with…” – 日本語訳: 私たちは…をフォローアップします。
    使用例: フォローアップのアクションを明確にする際に使います。
    例文: “We will follow up with a detailed project plan next week.”(詳細なプロジェクト計画は来週フォローアップします。)
  • “When is a good time to meet again?” – 日本語訳: 次に会うのに良い時間はいつですか?
    使用例: 次回のミーティングのスケジュールを設定する際に使います。
    例文: “When is a good time to meet again to review the progress?”(進捗を確認するために次に会うのに良い時間はいつですか?)

第6章: リモート交渉の増加

オンライン交渉の基本フレーズ

近代的なオフィスで日本人女性がオンライン交渉を行っているシーン。彼女はノートパソコンの前に座り、「Can everyone see my screen?」と尋ねている。画面には他の参加者が表示されている。

リモートワークの普及に伴い、ZoomやTeamsなどのオンラインツールを活用した交渉が増えています。オンライン交渉の際には、以下のフレーズが有効です。

  • “Can everyone see my screen?” – 日本語訳: 全員、私の画面が見えますか?
    使用例: プレゼンテーションを始める前に、相手が画面を見ているか確認する際に使います。
  • “Please unmute yourself before speaking.” – 日本語訳: 話す前にミュートを解除してください。
    使用例: ミーティング中に参加者に発言を促す際に使います。
  • “Could you repeat that? Your audio was breaking up.” – 日本語訳: もう一度言っていただけますか?音声が途切れていました。
    使用例: 接続が不安定なときに、相手の発言を確認する際に使います。

オンライン交渉のヒント

オンライン交渉を成功させるためには、技術的な準備だけでなく、コミュニケーションの工夫も重要です。以下のポイントに注意しましょう。

  • 明確で簡潔なコミュニケーションを心がける
  • ノンバーバルコミュニケーション(表情やジェスチャー)を意識する
  • 事前に議題を共有し、時間を有効に活用する

第7章: 文化的な敏感性

異文化理解の重要性

近代的で多文化なオフィス環境で、異なる文化背景を持つ人々が交渉プロセスに参加しているシーン。現代的なオフィス服装をした日本人女性が「In your culture, how is the negotiation process usually conducted?」と尋ねている。雰囲気はプロフェッショナルで尊重し合っている。

国際的なビジネス交渉では、異なる文化的背景に配慮することが重要です。異文化理解のフレーズや注意点を加えることで、交渉の成功率を高めることができます。

  • “In your culture, how is the negotiation process usually conducted?” – 日本語訳: 貴社の文化では、交渉プロセスは通常どのように行われますか?
    使用例: 相手の文化的背景を理解するために質問する際に使います。
  • “Are there any cultural considerations we should be aware of?” – 日本語訳: 注意すべき文化的な点はありますか?
    使用例: 交渉における文化的な配慮を確認する際に使います。
  • “We respect your customs and practices. Please let us know if there’s anything we should consider.” – 日本語訳: あなたの慣習や習慣を尊重します。考慮すべき点があれば教えてください。
    使用例: 相手の文化を尊重し、交渉を円滑に進める際に使います。

まとめと結論

交渉における英語フレーズを学ぶことは、ビジネスマンにとって重要なスキルです。この記事で紹介した基本的なフレーズを使えば、自信を持って交渉に臨むことができるでしょう。継続的に学習し、実際のビジネスシーンで活用することで、さらにスキルを向上させることができます。

スマート・チューターCamblyのグループレッスンを活用することで、さらに効果的な学習が可能です。これらのツールを使って、自分のペースで英語力を高めていきましょう。

参考資料と追加リソース

  • 役立つビジネス英語のオンライン教材